» ネコの歯周病(ネックリージョン)

ネコの歯周病(ネックリージョン)

カテゴリーwhatsnew症例

今回もネコの歯周病の症例を紹介します。
 

飼い主さんが、よく口にする症状として

「口臭が気になるんですけど」

「食べる時に頭を振る」

「口をくちゃくちゃする」

などが代表的です。
 

これって、単なる歯肉炎なのでしょうか?

歯石除去だけすれば治るのでしょうか。

答えはNOです。

犬や猫は単なる歯肉炎程度では、症状を表しません。

そこが問題なのです。
 

その原因を探るためには、レントゲンが必須です。

レントゲンを撮るためには、麻酔が必要です。

ということは、歯科処置には麻酔が必須と言うことです。

  

  

今回の症例は、中等度の歯肉炎は起きています。

よく見ると、歯冠の表面に歯肉が覆っているのが確認できます。

と言うことは、歯冠のとけた部分(ネックリージョン)を補うために歯肉が上ってきたことが予測できます。

こうなると、レントゲンの出番です。

あらゆる角度から撮影し、歯冠や歯槽骨の吸収像を確認します。

  

  

これにより、確定診断を下し、手術に入ります。

このネコは、若いながら重度の歯周病とネックリージョンのため抜歯になります。

レントゲンで確認しないで、歯石除去だけ行なっても、病気は絶対に治りません。

何度もいいますが、歯科処置にはレントゲンが必須です。