» 口鼻瘻管の治療(犬歯抜歯)その後

口鼻瘻管の治療(犬歯抜歯)その後

カテゴリーwhatsnew症例

今回は口鼻瘻管のために、抜歯手術をした手術の様子と

その半年後の写真です。
 

この犬は口鼻瘻管のために、左右の犬歯を行ないました。

見た目には、かなり綺麗な口腔内の所見です。

歯周病巣があるように思えません。
 


 


 
 

ところが、麻酔下で上顎犬歯の内側のポケットを確認すると

歯周ポケットが、非常に深いことが分かります。
 
 
 


 


 
 

これが原因で、くしゃみを引き起こしていました。

左右の犬歯を抜歯します。

 


 


 


 
 

半年後の写真です。

症状はすぐに無くなり、予後は非常に満足に行く結果でした。

 


 


 
 

このように、犬歯の外側のポッケトは正常でも、

内側部に大きな欠損が見られる症例は非常に多いです。

この程度の歯周病では、抜歯による予後はとても良いのですが

重度歯周病巣の犬歯抜歯は、テクニックを要します。