» 猫の口内炎

猫の口内炎

カテゴリーwhatsnew症例

今回は現在、治療中の猫の口内炎の症例を紹介したいと思います。
 

年齢は10歳、エイズウイルスが陽性

過去、数年間、口内炎に悩まされ、主治医にてステロイドを中心とした

内科療法を行われていたようです。

最近ではステロイドの効果が薄れてきたということで、抜歯を検討されていました。

オーナーさんは、病気への理解度が高く、全臼歯抜歯を行なうことになりました。
 

写真は術前の様子です。

手術、1週間前にはステロイドの投与を行いましたが

歯と接触している部分が大きく腫れあがり、簡単に出血してしまいます。

ステロイドによる効果はありません。
 


 


 


 

手術は犬歯以外の歯をすべて抜歯することから始めます。

その後、炭酸ガスレーザーにより、赤く腫れている部分を蒸散し、治癒を早めます。

レーザー照射により、早期の痛みの緩和が期待できます。

次の写真は術後の写真です。
 


 

黒くなっている部位は蒸散を、赤い部位の表面もレーザー照射をしています。

術後2日間、入院、点滴を行い、その後、自宅にて経過を見ました。

次の写真は、1週間後の写真です。

無麻酔で口を開けても、大丈夫。
 


 

どうですか、この回復力の凄さ。

ちなみに、この子はエイズウイルスが陽性です。

全ての猫たちが、このように劇的に回復しませんが、7割以上の確率で良くなることは確実です。

こんなネコちゃんを診察していると、抜歯がいかに重要か伝えたくなります。