» 猫の歯肉口内炎

猫の歯肉口内炎

カテゴリー歯周・口腔内炎症疾患

原因とメカニズム

猫がなぜ歯肉口内炎になるのか、はっきりとした原因はまだ解明されていません。
しかし、歯周炎と同様、歯垢や歯石に付着して増殖する細菌が関わっていると考えられています。

また、猫白血病ウイルス(FeLV)や猫免疫不全ウイルス(FIV)、猫カリシウイルス(FCV)などのウイルスが
原因のケースも多く、猫たちの免疫力、抵抗力の強弱が

細菌感染やウイルス感染などと微妙にからみあい,

歯肉口内炎、歯周炎、歯頸部吸収病巣という病気を併発します。

最も効果的な抜歯療法

治療といっても、基本的には対症療法になります。

たとえば、歯垢・歯石の除去や口腔内の洗浄抗生剤

免疫力を抑制して過剰な抗体反応を抑えるステロイド剤

逆に免疫力を高め、抗炎症作用のあるラクトフェリン

免疫力を調整するインターフェロンなどの単独。
あるいはレーザー治療などです。

それらのなかで、最も治療効果の高いのは抜歯治療です。
それもすべての臼歯(全臼歯抜歯)、あるいはすべての歯(全顎抜歯)を抜歯する治療法です。
前述のいろいろなクスリの使用においても、抜歯治療をしてからではないと、効果が持続しません。
来院する猫の中には、長期間のステロイドの内服によって糖尿病やクッシング病などの副作用を発症している子もいます。

歯がなくなれば、歯肉口内炎を悪化させる細菌が無くなるために、

抜歯後、症状が改善され数週間から数カ月でほぼ正常な状態にもどるケースが70%と言われています。

しかし注意すべきことは、全臼歯抜歯、全顎抜歯をするには専用の手術設備と高い技術が要求されます。
また、長時間、麻酔をかけて手術するため、猫自身にそれに耐える体力が必要です。
以下に、全臼歯抜歯、全顎抜歯の写真を掲載します。

■症例1 全臼歯抜歯(術後)

■症例2 全臼歯抜歯(術後)

■症例3 全臼歯抜歯(術後)

■症例4 全臼歯抜歯(炭酸ガスレーザー使用 右端は一ヶ月後の様子)

■症例5 全臼歯抜歯(右端は1ヵ月後の様子)

■症例6 全額抜歯